しっぽのこと

ケモノの着ぐるみにかかせない、しっぽについて。


■一重か二重か■

しっぽをファーだけで作る方法と、
クッションを作って2重にする方法があります。

 尾

ファーだけで作るのは簡単ですし早いです。
ただしフェイクファーの生地は力が加わると少し伸びるので、
尻尾を吊り下げていると徐々に劣化していきます。耐久性はあまりありません。
軽く、小型のしっぽならば、良い方法だと思います。


2重に作る方法では、耐久性が上がります。
ファーにバンドを付けるとファーが伸びてしまう弱点となりますが、
ファスナーを取り付ければ内部のクッションの洗濯や交換が可能となります。

内部のクッションにバンドを付けると、ファーの伸びは起こらないので耐久性が上がります。
御礼工房ではこちらの方法で製作しています。



クッションに使う生地によって、しっぽの動きや感触が変わってくるので
用途に合わせていろいろ素材を使っていきたいですね。


■固定について■

しっぽをベルトで装着するために、カバンテープを取り付けます。

細いヒモだと吊り下げたとき くるくる廻ってしまうので、
幅は2.5cm~3.0cmのものを使用しています。

ミシンがあると頑丈に縫えて便利ですが、手縫いでもいけます。

カバンテープ


つりはり

左:吊り下げるかたち
カバンテープを輪っかにして縫い付けます。
 ・上下左右に動くので手で持って振るなどができる
 ・歩くとぶらぶら揺れる

右:面で固定するかたち
カバンテープを真っ直ぐにして上下を縫い付けます。2本並べることも。
 ・跳ね上げた形に固定できる
 ・腰の動きがしっぽに伝わりやすい

つりさげ  固定しっぽ



■けなみ■

くねっとしたしっぽの形を1枚の型紙で切り出すと、
長毛ファーだと毛並み的にどうなのそれ?と思える部分ができます。
けなみ
私はこれがあんまり好きではない・・・。

けなみ  けなみ
正解があるわけではないですし、分割増やせばいいってものでもない。
表現したいかたちを目指して、毛並みが狙ってあると「おおっ」と感じます。



■縫い閉じ■

2重で作る場合、クッションを入れてから、外からファーを縫います。
ぬいとじ1  ぬいとじ2

そのときに役立つ縫い方が、「 はしご縫い 」です。
コの字閉じ・ラダーステッチとも言います。
詳しくはぐぐってください( ・w・)~♪

この方法は足裏のファーを縫うときにも使えます。
私は 毛から入って毛から出て、反対側の毛から入って毛から出て という感覚で覚えました。




■作り方■

自己流を超簡単に書きます。れっつとらい。

1)真横から見た尻尾の形をかきます=【A】
2)【A】を使ってクッション用生地を2枚切り出します
3)クッション生地を縫い裏返して綿を入れ、カバンテープを縫い付けます。
  なかみ完成!

4)【A】に模様や毛並みの分割を書き、切り分けて型紙にします
5)フェイクファーを切り出します
6)■縫い閉じ■の図のように縫います
7)裏返してクッションと合体
8)縫い閉じます
9)カバンテープの周りのファーをクッションに縫い付けます
10)埋め込まれている毛をかきだします


以上!
【A】は横から見た図なので、綿をいれて立体的になるとやや細くなります。
でもフェイクファーでけっこう膨らみます。

かんせい!


さいごに!!
このぶろぐで紹介しているのは「作り方」です。
作る形ではありません。

ただ形を真似るのではなく、ぜひ、ご自分にとって理想的な形のものを作ってくださいー!
私はその助けになりたいと思っています!

ではではっ 楽しい自作生活を!
category
製作情報系 howto
Relation Entry

Comment

Trackback

http://ormazd.blog91.fc2.com/tb.php/227-651c09a7