スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

アゴ考 2

あご可動について、第二段。
今回はウレタンでのヘッド製作でよく使われる、ゴムひもを使った可動について考えてみました。
自作でアゴ可動を目指す方の参考になれば幸いです。
前回はこちら


アゴの開閉のための、中の人の動きはこのようなものと考えます。
アゴ考


この動きを伝えて着ぐるみのアゴを動かしますが、
伝え方によってアゴ可動の方法を2つに分類してみました。


開閉タイプ

押し当てタイプ
私が普段製作しているタイプです。
唇の下の骨の部分に下あごを密着させる形。
ヘッドベースの素材は固く・軽いものでないと難しい。よって小顔のキャラ向き。
また、前回記事のような関節パーツが必要である。
大き目のヘッドややわらかい素材には向かない。
口を閉じるためのゴムを使わずに、閉じる動き・開く動きを微細に表現することができる。

押し下げタイプ
アゴの下に着ぐるみが接する形。
口を閉じるためのゴムひもを必要とする。
アゴを開く動きだけですむため、大きめのヘッドにも向いている。
関節パーツはあっても良いが、ゴムひもだけでもあご可動を作ることができる。
下あごの素材は押し下げる動きに耐える強度があればよいが、
固いほどしっかり動くので、できれば固めの素材を部分的にでも使用することが望ましい。

今回はこの押し下げタイプについて考えてみました。




押し下げタイプのアゴ可動について。
(関節パーツを使わない場合)

まず、上下のアゴは自然な形に噛み合わさっている(閉じている)必要があります。

そのためには上下の形をうまく噛み合わさるように作ったり、
口を閉じるためのゴムとして太めのゴムや、2本のゴムを使うなどします。
理想的な位置でガムテープなどで固定してから、ゴムを貼り付けるといいかもです。

アゴ固定


かぶっていない状態であごがぶらんぶらんでは、絶対にうまくいきません。
ぶらんぶらん



では、ゴムはどの位置につければいいのか。
これに悩み、私は何度も失敗しています・・・。とりあえず概念的に!

中の人のアゴが下に押し下げる力を赤い矢印で示しました。
口を閉じるためのゴムが茶色です。


ゴムと力点

伝わるといいのですが・・・
つまり、アゴで押し下げる部分よりも首に近い部分に、
口を閉じるためのゴムを付けるとうまくいきます。

もちろん、そのゴムによって、上下のアゴは自然な形に噛み合うことができている前提です。
(簡単にいうと ぶらんぶらんではない状態)


そう考えると、よりうまくいきやすいゴムひもの配置というのは、
太目のものをつける、または2本で支えることなのかなあと思います。(検証していません)
ゴムも、固めのもの、伸びやすいもの、さまざまなので試し甲斐がありますね!れっつ研究!
ゴム例

なお当たり前のことだと思いますが、接着した部分のゴムひもは伸びないので、
少し長めに切っておいて、伸びる余裕を考えて接着するといいと思います。

以上、押し下げタイプのアゴ可動について考えてみました。
もっとうまくいく方法、わかりやすい考えがあればぜひ教えてください!!


ウレタンのアゴの強度UPには、布をグルーガンやGボンドで貼るとちょっと効果あるですよ。
私もわからないことだらけなので、うまくいかなかった経験とかももっとシェアして欲しいわぁ・・・
あとみんなぶろぐ書こうぜ・・・製作記録が残りづらいし見づらいじゃないか・・・




■おまけ■

アゴ可動で悩みがちなのが、この上下あごのファー貼り。
今回はとりあえず私の知っている”切れ目が出ない”方法について。
まぁパーツ分けずに貼ればいいってだけです!



■上下あごを覆う形でストレッチボアを使用する。
ストレッチぼあ
ストレッチボアはのびるので、口を閉じた状態で型取りすると良いと思います。
ちなみに某所に「ストレッチボア パーツ分けない」と書き込んだのは私です((
ただしストレッチボアは厚みがあるのと、独特の毛並みをしているため
リアルタイプには向かないと私は考えています。




■上下あごを覆う形で普通のファー生地を使う。
あけ
普通のファー生地は伸びないので、余裕を作るため口をあけた状態を型取りします。
口を閉じたときにその余裕な皮がたるむとリアルな動物の口の端っぽくなるので、
うまくいくと超燃えます!!



かわきり

このように1枚で貼るとき、リアルを目指すのであれば、
図の右側のように皮を切るといい感じになります・w・ノ



今のところはこんなかんじですね!
最近ぶろぐにコメント少なくてちょっとさびしいです |ョ・∀・)ちらちら
ご意見ご感想お待ちしておりますっ
category
製作情報系 howto
Relation Entry

Comment

ありがとうございます。

なるほどありがとうございます。
私は初めて着ぐるみ作った時からすごく顎稼働に憧れて憧れてずっとやってきてなんどもいろんなことを試したものの全く上手くいかなかったのですが、この記事読んで解決ですね。
どうやら私の作り方ではゴムの位置が悪かったようです。
ありがとうございます。
すごく参考にさせていただきます!
  • 2016⁄06⁄06(月)
  • 12:25
  • [edit]

>ざんさん
コメントありがとうございます!ぜひ試してみてくださいー!
そしてぶろぐにぜひその知識をまとめていただいて、私に参考にさせてください!!w
  • 2016⁄06⁄07(火)
  • 13:52
  • [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016⁄06⁄13(月)
  • 00:48

Re: 参考にさせていただきました!

>Hさん
はじめましてー!
おおおお、記事を参考にして製作していただいて、うまくいったのですね!!
おめでとうございます!!そしてお役に立ててとても嬉しく思います!!!^∀^
これからもお互い製作頑張りましょう!
励みになります。コメント有難うございました!!
  • 2016⁄06⁄13(月)
  • 01:49
  • [edit]

Trackback

http://ormazd.blog91.fc2.com/tb.php/217-7404e6d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。