Entry Navigation

しっぽのこと

ケモノの着ぐるみにかかせない、しっぽについて。


■一重か二重か■

しっぽをファーだけで作る方法と、
クッションを作って2重にする方法があります。

 尾

ファーだけで作るのは簡単ですし早いです。
ただしフェイクファーの生地は力が加わると少し伸びるので、
尻尾を吊り下げていると徐々に劣化していきます。耐久性はあまりありません。
軽く、小型のしっぽならば、良い方法だと思います。


2重に作る方法では、耐久性が上がります。
ファーにバンドを付けるとファーが伸びてしまう弱点となりますが、
ファスナーを取り付ければ内部のクッションの洗濯や交換が可能となります。

内部のクッションにバンドを付けると、ファーの伸びは起こらないので耐久性が上がります。
御礼工房ではこちらの方法で製作しています。



クッションに使う生地によって、しっぽの動きや感触が変わってくるので
用途に合わせていろいろ素材を使っていきたいですね。


■固定について■

しっぽをベルトで装着するために、カバンテープを取り付けます。

細いヒモだと吊り下げたとき くるくる廻ってしまうので、
幅は2.5cm~3.0cmのものを使用しています。

ミシンがあると頑丈に縫えて便利ですが、手縫いでもいけます。

カバンテープ


category
製作情報系 howto

左右対称に写す方法

MAKE SYMMETRY!
左右対称は美しさのもと。

耳位置  耳位置

片方の耳のベストな位置を書き込んだけれど、
これを反対側にも写したい、そんな時に。

目などほかのパーツにも使えそうです。

しんめとり

用意するもの : マジックペン、ラップ、ガムテープ
category
製作情報系 howto

アゴ考 2

あご可動について、第二段。
今回はウレタンでのヘッド製作でよく使われる、ゴムひもを使った可動について考えてみました。
自作でアゴ可動を目指す方の参考になれば幸いです。
前回はこちら


アゴの開閉のための、中の人の動きはこのようなものと考えます。
アゴ考


この動きを伝えて着ぐるみのアゴを動かしますが、
伝え方によってアゴ可動の方法を2つに分類してみました。


開閉タイプ

押し当てタイプ
私が普段製作しているタイプです。
唇の下の骨の部分に下あごを密着させる形。
ヘッドベースの素材は固く・軽いものでないと難しい。よって小顔のキャラ向き。
また、前回記事のような関節パーツが必要である。
大き目のヘッドややわらかい素材には向かない。
口を閉じるためのゴムを使わずに、閉じる動き・開く動きを微細に表現することができる。

押し下げタイプ
アゴの下に着ぐるみが接する形。
口を閉じるためのゴムひもを必要とする。
アゴを開く動きだけですむため、大きめのヘッドにも向いている。
関節パーツはあっても良いが、ゴムひもだけでもあご可動を作ることができる。
下あごの素材は押し下げる動きに耐える強度があればよいが、
固いほどしっかり動くので、できれば固めの素材を部分的にでも使用することが望ましい。

今回はこの押し下げタイプについて考えてみました。



category
製作情報系 howto

ウレタンマットで作ってみた

お正月にサンペルカというウレタンマットで製作してみた記録です。

ウレタンボードでヘッド作り


ウレタンマットの厚みは5mmのものを使用しました。
基本は鉢底頭の方法と同じです。

ウレタンボードでヘッド作り  ウレタンボードでヘッド作り

新聞紙とガムテープで、ダイソーで売ってる頭に肉付け。
大きめにふわふわに作っておいて、最後にガムテープできつめに巻いて整えるのがすきです。

できたガムテープ像にラップを巻き、ガムテープで左右どちらかの半面をかたどりし、
型紙としてサンペルカを切り出してG17にて接着しました。

ウレタンボードでヘッド作り

細かい凹凸はあとからつけることを考えたので、まずシンプルな形に作りました。

ウレタンボードでヘッド作り

次にまた新聞紙とガムテープで、目の上のふくらみを作りました、
追加した部分だけをかたどりして、同様にサンペルカでパーツを作って貼り付け。

ウレタンボードでヘッド作り  ウレタンボードでヘッド作り

伸びない布をG17で貼り付けて、形の補強にしています。
角とかもあとから土台に肉付け→かたどり→パーツ貼り付け。

ウレタンボードでヘッド作り  ウレタンボードでヘッド作り

こんなかんじでヘッドのベースをそこそこ楽に作ることが出来ました。
かなりおすすめの方法です。


リウス  リウスハイン

すうぃるさんちのオリキャラ、リウス。
 1st と 2nd はすうぃるさん製作、3rd のヘッドは私が製作。

時間のないすうぃるさんのために、じぇいもふに向けて4番目のヘッドを作っていたのですが
バリカンかけたらかっこよくなかった
という衝撃の事実によりこいつはお蔵入りしました。無念!!
category
製作情報系 howto

生地 5310つやありフェイクファー

着ぐるみによく使われているフェイクファーをまとめようと思います。
製作される方々のファー選びの参考になりますように!



5310つやありフェイクファー

毛の長さ・・・3~4cm
価格(1m)・・・2,700~3,700円程度


おそらく着ぐるみに最もよく使われる生地。
毛足が長く、毛の密度も高めで扱いやすい。

毛が折れたままにすると癖が付くので、生地は平らに伸ばして置くと良い。
名古屋の大塚屋ではブライトハイパイルという名前で販売されていました。

アイコン写真 from オカダヤ通販サイト
(許可いただきました)





 ホワイト グレー ブラック
 ベージュ ブロンド セピア
 ペールピンク 蛍光ピンク マゼンタ
 蛍光朱赤 カーマイン エンジ色 菖蒲色
 ライトブルー 水色 ウルトラマリン 藍色
 カナリヤ ビビッドオレンジ 黄緑 ビビッドグリーン



続きに 色ごとの製作例のお写真を掲載させていただきました!
category
製作情報系 howto